書評

『ゼロから学ぶPythonプログラミング』の感想文

ゼロから学ぶPythonプログラミング

こんにちは。現役エンジニアの”はやぶさ”@Cpp_Learningです。

今回は『ゼロから学ぶPythonプログラミング』という本の感想文を書きます。

忙しい人のために

忙しい人のために『ゼロから学ぶPythonプログラミング』を1分で紹介します。

おすすめポイント
  • 全ページ(245ページ)オールカラー!
  • イラストの多い丁寧な解説
  • とある大学の名講義を書籍化
  • プログラミング初心者にも分かりやすい内容
  • ”Python”の本というより”Pythonプログラミング”の本
  • プログラミング基礎からPythonコードの書き方まで学べる
  • 数値シミュレーションや機械学習のサンプルコードも公開

Pythonを学びたい人だけでなく、プログラミングを学びたい人にも参考になる内容です。

『プログラマ的感覚』を習得したい全ての人にオススメの一冊!

玄人にもオススメしたい

プログラミングを武器に仕事をしている人…いわゆる玄人は、Pythonより先に別の言語を習得している印象があります。

私の場合「C言語 ⇒ C++ ⇒ Python」の順にプログラミング言語を習得しました。

C言語(特にポインタ)の習得には苦労しましたが、メモリやアドレスを意識してコードを書く「プログラマ的感覚」は、今でも仕事に活かせています。

Pythonだとメモリやアドレスをあまり意識する必要がなかったり、クラウド活用により、リソース不足の問題から解放されつつありますが…

  • どうしてプログラムは動くのか?
  • 何故こんなコードの書き方をするのか?
  • どんな問題に対し、プログラムが威力を発揮するか?
  • どうすればプログラムで自動化しやすい問題に置き換えられるか?

などの 知識感覚 を早い段階で習得できると良いです。

もちろん経験を積まないと身に付かない感覚もありますが、この本でヒントを得ている人とそうでない人とでは習得スピードに差がありそうだなと感じました。

「プログラマ的感覚」を習得したい初学者はもちろん、プログラミングを再学習したい玄人にもオススメの1冊です。

ゼロから学ぶPythonプログラミング
スポンサーリンク

文章構成

全14章で構成されており、各章のはじめに「本章で学ぶこと」を明示してから本題に入ります。例えば『第5章:文字列処理』だと以下の通りです。

本章で学ぶこと
  • 文字列処理
  • 辞書
  • 正規表現
  • 形態素解析
  • ワードクラウド

既に習得している内容であれば、読み飛ばしても良いと思います。各章で説明が綺麗に完結しているので、好きな所から読み進めることができます。

Coffe Break(コラム)がすごく面白い

各章のおわりに、勉強の合間にちょうど良い、Coffe Breakというコラム(ちょっとした小話)があります。そのCoffe Breakがめちゃくちゃ面白いです!

私のオススメは第7章の『進化するオセロAIを作った話』と第12章の『疑似乱数とゲーム』です。

はやぶさ
はやぶさ
そういえば高校や大学の講義で”小話”してくれる先生の授業は楽しかったなぁ

なんてことを思い出しました。

テンポの良い分かりやすい解説のあとに、このCoffe Break!素敵です!!

Pythonプログラミング力💪を確認

繰り返しますが、この本は「とある大学の名講義を書籍化」したものです。つまり優秀な大学生は、この本の内容をスラスラ理解し、サクサク実装できる気がします。

そのため、この本を読んで理解できない内容があった場合は、”知識””プログラミング力💪”が不足しているかもしれません。

くるる
くるる
”動的計画法””モンテカルロ法”のこと曖昧に理解してたかも…

フクロウの”くるる”ちゃん@kururu_owlのように、どこの知識が不足しているか?を確認するのにも、この本が役立つと感じました。

現時点での知識不足は恥ずかしいことではありません。むしろ知識不足に早い段階で気づき、不足を補うために行動できる人はカッコイイです。

機械学習をしっかり学ぶ本ではないよ

この本の第14章(最終章)で機械学習の概要を学ぶことができます。簡単な機械学習(重回帰分析とGAN)のサンプルコードも公開しています。

機械学習がやりたくてPythonを学ぶ人には、物足りない内容かもしれませんが『Pythonプログラミングを学べば機械学習にも挑戦できる!この本を通じて体験してみよう!』という想いが伝わる文章でした。

機械学習をきっかけにPythonを学ぶのは良いことですが、プログラミングの基礎は疎かになっていませんか?

心当たりがある人は、この本をチェックすると良いと思いますよ。

スポンサーリンク

次のステージへ

この本でPythonプログラミングを学んだら、ぜひ次のステージに進んでほしいです!

より良いシンプルなコードの書き方を学びたいと感じたなら、この本でも紹介している「リーダブルコード」がオススメです。

第12章ではマルコフ連鎖モンテカルロ法Markov-chain Monte Carlo methods, MCMC)というキーワードが登場します。MCMCを深堀りして勉強すれば、ベイズ統計モデリングに出会えると思います。

NumPyroでベイズ回帰モデルをつくる
【ベイズ統計モデリング入門】NumPyroで回帰モデルをつくるこんにちは。 現役エンジニアの”はやぶさ”@Cpp_Learningです。最近は統計モデリングを勉強しています。 今回は確率...

第13章で数値シミュレーションについて学んだら、次はゲームづくりに挑戦しても面白いかもしれません。

Pyxelでレトロゲームを作る 総集編
【Pyxel】Pythonでレトロゲームを作ろう! 総集編 -まるっと1週間でゲーム開発入門-Python向けのレトロゲームエンジン:pyxelを用いたゲーム開発入門チュートリアル(ソースコード付き)を書きました。画像処理・数学・物理・制御について学び、実践としてゲームプログラミングまで行います。...
pyxelで物理シミュレーション
【Pyxel】Pythonで物理シミュレーションをしよう! 総集編 -まるっと1週間チュートリアル-こんにちは! 本記事は『Pythonで物理シミュレーションをしよう!』シリーズの総集編です! 本シリーズは、...

やっぱり機械学習がやりたい!という人は、良質な本や記事が世の中に沢山あるので、それらを参考に勉強するのが良いと思います。

本サイトでも多くの機械学習に関する記事を紹介していますので、ご参考までに。

この本を読んでPythonプログラミングでどんなことができるのか?を学んだ人は、”小さな知識の地図”を手に入れた状態です。

あとは、その地図を持って先に進み、どんどん知識の地図を広げてほしいと思います。

おわりに

素敵な本に巡り合えると嬉しいですね。

はやぶさ
はやぶさ
帯に書かれた『初学者納得、玄人脱帽!』に偽りなし!

本当にオススメの一冊です。

Amazonギフト券チャージで最大2.5%ポイント還元
Amazonはチャージがお得

Amazonプライム会員なら、Amazonギフト券を現金でチャージ(コンビニ・銀行払い)すると最大2.5%ポイント還元!

クレジットカード払いでもキャンペーンエントリー0.5%ポイント還元中です。

Amazonでお得に買い物をするならまずはチャージから。

\チャージがお得/

詳細をチェックする

Amazonプライム無料体験中でもOK!

PICK UP BOOKS

  • 数理モデル入門
    数理モデル
  • Jetoson Nano 超入門
    Jetoson Nano
  • 図解速習DEEP LEARNING
    DEEP LEARNING
  • Pythonによる因果分析
    Python