C++

Anacondaで仮想環境を作ってC++プログラミングをするまで

C++

WindowsでPythonを使う場合、Anacondaで環境構築する人が多いのではないでしょうか?Anaconda便利ですよね。PythonだけじゃなくC++もAnacondaで環境構築もできまいかなぁと思ってアレコレやってみたら…できました!!本稿でやり方説明しますね!

Anacondaの魅力~仮想環境構築~

AnacondaをインストールするとPythonとPythonの定番パッケージ(numpyとか)がデフォルトで使えて便利です。

しかし、pythonやpythonパッケージのバージョンが異なると動かないソフトウェアがあるので、動かしたいソフトウェアに合わせてバージョンを揃える必要があります。

複数ソフトウェアを使う場合には、環境を簡単に切り替えられると便利ですよね。Anacondaなら仮想環境が簡単に複数作れて、かつ簡単に環境を切り替えられます

今回はデフォルトのpython環境(base)とは別にC++専用の仮想環境”cpp”を作ります。

仮想環境を作る

Anacondaのターミナルを開いて以下のコマンドで仮想環境”cpp”を作ります。

conda create -n cpp

“cpp”という仮想環境名は変更可能です。目的に合わせて適切な仮想環境を作りましょう。

環境確認

今までにどんな仮想環境を作ったのかは、以下のコマンドで確認できます。

conda info -e

元々あった”base”と先ほど作った”cpp”の二つの環境が存在することが確認できます。「*」がついてる方がアクティブ環境です。

base *   C:\Anaconda3
cpp       C:\Anaconda3\envs\cpp

環境切り替え

アクティブ環境を“cpp”に切り替えるには以下のコマンドを使います。

activate cpp

MinGWインストール

”base”と”cpp”は完全に独立しているため、“cpp”環境にソフトをインストールしても”base”には何の影響もありません

“cpp”環境にWindowsでC++やるときの定番コンパイラ『MinGW』以下のコマンドでインストールします。

conda install -c anaconda mingw

インストール済みソフト確認

インストール済みのソフトを確認するには以下のコマンドを使います。

conda list

今は『MinGW』しかインストールしていないので、以下のような寂しい表示がでますが、base環境で同じコマンドを使えば、インストール済みの全ソフト と そのソフトのバージョンを確認することができます。

# Name    Version    Build    Channel
mingw    4.7           1        anaconda

AnacondaでC++プログラミング

適当なディレクトリに以下の定番コードを書いた”main.cpp”を作成し、保存します。

Anacondaのターミナルからcdコマンドで”main.cpp”の保存先まで移動後 以下のコマンドでコンパイルします。

g++ main.cpp

エラーがなければ、a.exeという実行ファイルが生成されるので、以下のコマンドで実行します。

a.exe

.exeは省略可能なので、以下のコマンドでも実行できます。

a

Hello Worldと表示されればOKです。これで今日から、AnacondaでPythonだけでなく、C++プログラミングもできます。イイね!

まとめ

最後に本稿のポイントをまとめておきます。

  • Anacondaで仮想環境を複数作れる
  • 各仮想環境は完全に独立している
  • 作った仮想環境は簡単に切り替えられる
  • AnacondaでC++環境も構築できる

WindowsでC++プログラミングをする方法は複数ありますが、Anacondaを使う方法も知っていると、いつか役に立つかもしれませんね。

PCやるハリネズミ
Anacondaで仮想環境を作るときに役立つTips集前回、『Anacondaで仮想環境を作ってC++プログラミングをするまで』という記事を書きました。この記事で紹介した仮想環境の作り方以外...
LINEスタンプ配信中!

フクロウのLINEスタンプ

当サイトのマスコットキャラクター

「フクロウのくるる」が

LINEスタンプになりました!

勉強で疲れたあなたに癒しをお届け☆

お迎え待ってます(*・ω・)ノ♪

今すぐお迎えする

40個セットがたったの50コインとお得です